閉じる

We use our own and third party cookies to improve your experience and our services. If you continue, we consider that you accept their use. You can get more information on our website at cookies policy.

妊娠中のご利用

空の旅は安全で、妊娠中のお客様も安心してご利用いただけます。

antes_embarazo

妊娠 28 週目までのお客様は、特別な許可なしに Iberia 航空をご利用いただけます。

『IATA Medical Manual』では、29 週目以降のお客様に医師の助言を求めることを推奨しています。

航空機の搭乗については、医師から助言を得ることができます。

Iberia では、妊娠中のお客様に優先搭乗を実施しています。 搭乗口で係員にお申し出になり、係員の指示に従ってご搭乗ください。

妊娠 37 週目以降のお客様は、Vueling が運航する IB5XXX 便にはご搭乗になれません

妊娠中のご搭乗について

妊娠 29 週目以降のご搭乗に際して必要となる許可についてご説明します。

IATA では、妊娠 37 週目以降 (合併症のない多胎妊娠の場合は 33 週目以降) の航空機の利用を控えるように推奨しています。

やむを得ない事情がある場合は、医師にご相談ください。

医師の許可がない場合は、Iberia メディカル サービスによる事前の許可が必要となります。

出産後は 1 週間後からご搭乗いただけます。

赤ちゃんをお連れのお客様

赤ちゃんは、生後 48 時間経過後からご搭乗いただけますが、1 週間以上経過するまでお控えになることをお勧めします

ご注意:

  • 気圧の変化が、赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります (小児科医にご相談ください)。

  • 赤ちゃんは脱水症状を起こしやすいため、ご搭乗の前後に十分な水分補給をお勧めします。

他の運送人による運航便の規定を見る

お客様へのおすすめ

書類

お子様連れでご旅行の際の、お子様の年齢、人数に応じた、必要条件。

詳細はこちら

機内持ち込み手荷物

手荷物 1 個の最大サイズ 56x45x25 cm.。取っ手、ポケットや車輪は寸法に含まれます。

詳細はこちら

お子様および乳幼児

8か月以下の乳児および11歳以下の子供とのフライトの際の全ての規定および規則。

詳細はこちら