閉じる

We use our own and third party cookies to improve your experience and our services. If you continue, we consider that you accept their use. You can get more information on our website at cookies policy.

より快適なご旅行のために

最新の商用機体はきわめて安全で、かつ快適であることがよく知られています。 それでもなお、特に搭乗時間が 3 時間を超える場合、以下の一連の推奨事項によってすべてのフライトをよりお楽しみいただくことができます。

おすすめ

より快適な旅行をお楽しみいただくための方法のいくつかを以下に示します。

 航空機の内部

航空機の内部

航空機内部で利用可能な気圧や、酸素レベルの変化、騒音、温度、振動、乱気流の可能性、湿度、スペースなどは、旅行者にとって完全に許容可能な範囲とは言え、日頃慣れているものとは少し異なります。

 気圧の変化

気圧の変化

フライト中は通常、気圧のために、1,500 m から 2,500 m までに相当する高度に位置しています。 これにより、気圧や酸素の分圧が少し低下します。 気圧が低下すると、気体は膨張する傾向にあるため、これが一部の搭乗者を悩ますことがあります。 ご搭乗の前日は、お腹にガスがたまるような重い食事や食べ物を避けることをお勧めします。 当社の機内食は、なんらかの不快さを感じさせる可能性のある材料を避けるように作られています。

気圧は、離陸中や着陸中に調整されます。 お客様は耳に不快さを感じる可能性があります。 中耳内の気圧を一様にするための簡単な修正方法として、鼻孔を指でつまんで鼻から静かに息を吐くことやチューインガム、あるいはすべての中で最も簡単な方法として鼻をかむことがあります。

 湿度

湿度

航空機内部の湿度は、通常より約 10 ~ 20% 低くなります。 それによって、お客様の皮膚や気道、目が少し乾燥します。 アルコールやコーヒーは身体を乾燥させる場合があるため、ご搭乗の前日からは飲むことを避けてください。 フライト中は、大量の水やジュースを飲むか、またはお肌に保湿クリームを使用するようにしてください。

時差ぼけ

時差ぼけ

小さな時差によって時差ぼけ (日中の疲れや眠気) が発生する場合があり、時差が大きいほど、お客様の体内時計に与える影響も大きくなります。 残念ながら、時刻表の変更の影響を打ち消すためにお客様ができることはほとんどありません。

長期間滞在する必要がある場合は、目的地に到着したら、できるだけ早く地域の時刻表に適応するよう努力してください。 それ以外で、時差が 4 時間未満の場合は、お客様の通常の時刻表を維持するようにしてください。

乱気流

乱気流

激しい移動や乱気流のために、お客様に問題が発生する場合があります。 乱気流はさまざまな原因で発生しますが、通常は乗務員によって早目に検出され、その乗務員がスピーカー システムを通して搭乗者にお知らせします。 搭乗者は着席し、けがを防止するために、できるだけ早くシートベルトを装着する必要があります。

また、晴天乱気流と呼ばれるものもあります。 これは事前には検出できず、突然、予期せず発生します。なんらかの理由で立ち上がる必要がない限り、フライト全体にわたってシートベルトを着用する必要があるのはこのためです。

喫煙

喫煙

すべての Iberia 便は 禁煙 です。 当社の飛行機でのタバコ、葉巻、パイプ、および電子タバコの使用は固く禁止されています。 お客様が習慣的喫煙者であり、これが悩みの種になる可能性がある場合は、チューインガムや禁煙パッチなどのニコチンに代わるものを教えてもらうよう医師に頼んでください。

機内の空気は 3 分ごとに完全に再生されています。

スペースと移動

スペースと移動

長時間着席していても、ほとんどの方にとっては問題ありませんが、お客様によっては足やくるぶしが腫れ、以前の循環障害を悪化させる場合もあります。 これは深部静脈血栓 (DVT) の場合です。 これが起こるのはまれですが、特に、長時間移動せずに過ごさざるを得ないときに DVT になりやすいお客様に起こります。

利用可能なスペースは限られており、移動の可能性もほとんどありません。 脚が圧迫されないように、ゆるい服を着て、機内持ち込み手荷物をしまうことをお勧めします。

できれば天然繊維から作られた心地よい布を身につけることにより、皮膚への圧迫を減らし、換気を向上させるようにしてください。

着席している間、下肢を回してください (つま先とくるぶしを曲げ、脚を曲げたり伸ばしたりします)。

また、ときどき立ち上がったり、腕や脚を伸ばしたり、場合によっては他の搭乗者へのサービスに影響を与えず、フライト条件が許すときは機内を歩き回ったりすることもお勧めします。 シートベルト サインから目を離さず、常に乗務員の指示に忠実に従ってください。

座席でできる運動

座席でできる運動

頭を 1 つの側に静かに傾けます。 3 秒間その位置を保ち、息を完全に吐き出します。 息を吸い込み、頭をまっすぐの位置に戻してから、もう一方の側で繰り返します。 これを 3 回繰り返します。

腕を上に伸ばして、息を吸い込みます。 3 秒間その位置を保って息を止めます。 腕を頭の後ろに置いて息を吐き出します。 これを 3 回繰り返します。

つま先立ちになって、かかとを床から上げます。 3 秒間この位置を保ちます。 次に、身体を後ろに傾けてかかとに体重をかけ、つま先を伸ばして上げます。 これを 3 回繰り返します。

遠慮せず、医師にさらに多くのアドバイスをもらってください。 医師は、お客様の具体的な症状に合わせてより詳しいアドバイスをすることができます。

重要ポイント

  • 当社のすべての便は "禁煙" です。
  • アルコールやコーヒーを飲むことは避け、大量の水やジュースを飲んでください。
  • フライト中は常にシートベルトを締めたままにしてください。
  • 座席から当社がお勧めする運動を行うようにしてください。

他の運送人による運航便の規定を見る