補助犬

Iberia アクセシブル

Animales asistencia

 

補助犬とは、障がいのある方または同様の症状をお持ちの方のサポートを行うよう認定訓練機関で個別の訓練を受け、使用者に同伴して常に付き添うペアとしての犬です。

Iberiaが許可する補助犬

補助犬とは、以下の条件を満たし、それを証明する書類を提出したものをそれとみなします。

  • 盲導犬、視覚障害または弱視の方をサポートします。

  • 介助犬、身体障がい者の方をサポートします。

  • 聴導犬、聴覚障がい者の方に特定の音について知らせるサポートを行います。

  • アラート犬 (発作警告犬)は糖尿病、てんかんやその他の疾患により意識障害を伴う障害や周期的な発作を持つ方に医療的な警告を知らせます

  • 自閉症スペクトラム症候群を持つ人のための犬。

  • 救助犬は警察に協力してサポートし、救助隊に同行するための訓練を終えた犬のことであり、適切なハーネスを着用して座席を占有せずに機内で過ごします。

  • 機内で旅行するために十分なレベルに到達している訓練中の犬。訓練士が同伴し、所属している訓練施設が発行する証明書の原本を所持していること。

セラピー犬またはエモーショナルサポート犬

詳細はこちら

当サービスのお申込み方法

 

当社便で機内に補助犬を無料で同伴してご旅行いただくには:

  • 航空券ご購入時に予約カウンターから、またはウェブサイトでご予約をお手続きいただく際に補助犬を同伴してご旅行いただくことをお伝えください。 ご予約後にお伝えいただく場合は、補助犬を機内に同伴してご旅行いただくために問題がないことを確認できるように、便出発時刻の48時間前にお手続きいただくことをお勧めします。

  • 補助犬の要件およびお客様が使用者であることを証明すること。

  • 書類、衛生状態、機内における犬の制御についての事前要件を満たすこと。

  • 機内においては補助機内における補助犬の行動が正しいものであるように配慮すること。

この要件にいずれかを満たさない場合、犬の輸送はペットの輸送についての条件の適用対象となります。

米国出発または到着のIberia便では、2021年に改正された補助犬に関する同国の連邦法に定められる規定と条件が適用されます。

  • Iberiaでは、品種や犬種に関わらず、身体障害、精神障害、知的障害や他の障害を持つ方の補助となる作業あるいは役目を担うための訓練を受けたあらゆる犬を補助犬と見なしています。 この場合、一人のお客様につき最大2頭の犬を同伴できます。

  • 便出発時刻の48時間前までにIberiaの予約カウンターより補助犬を同伴してご旅行いただくことをお伝えください

  • 米国運輸省によって承認された申請書に記入することが求められます。 この書類では、犬の訓練よび機内での適切な行動に関する保証についての情報を記入し、飛行時間が8時間を超えるフライトでは犬がトイレを我慢できること、またこの条件について責任を持てることが求められます。
    この申請書をダウンロードし、これに記入して署名し、ご搭乗前に空港のIberiaスタッフに提出してください。

次の航空会社運航便における実践を見る

  • British Airways
  • American Airlines
  • Finnair

"Iberia me da confianza"

Cliente de ocio Iberia

読み込んでいます...