閉じる

We use our own and third party cookies to improve your experience and our services. If you continue, we consider that you accept their use. You can get more information on our website at cookies policy.

ペット

ペットと楽しむ旅: ペットは機内にお連れになるか、委託手荷物としてお預かりします

Pets

Iberia 便では、イタチ科の動物 (フェレット、マツテンなど) を輸送することはできません。

犬、猫、カメ、鳥などをお連れになる場合は、必要書類を参照し、法的規制と条件をご確認ください。

サービスをご希望の場合は、ご利用の Iberia オフィスまたは旅行代理店を通じてご依頼いただくのが確実です。

委託手荷物としてお預かりする場合

お預かりする場合は、適切なケージまたは輸送ボックスにペットを収納してください。耐久性、堅牢性、快適性、通気性を備えている必要があります。 詳細については、航空券ご購入の際に予約オフィスにお尋ねください。

ペットをお預かりするには、国際規則に準拠したケージまたは輸送ボックスにペットを収納する必要があります。

  1. 耐久性のある堅牢な素材で作られ、扉に鍵をかけて開かないように固定できること。

  2. ペットに適したサイズで、安全を確保できる適切な状態にあること。

  3. 通気性が確保され、防水性のある底を備えていること。

お預かりできるケージや輸送ボックスの数とサイズは、航空機のタイプによって上限があります。 ご搭乗の際にペットをお連れになる場合は、予約オフィスの事前の承諾を得る必要があります。 ご搭乗には、すべての区間について承諾が必要です。

お預かりするペットの輸送料金 (1 区間あたり)

お預かりする場合のペットの輸送料金
スペイン、ヨーロッパ、アフリカ、中東 アメリカ、アジア アメリカ *、またはイスラエル出発便
€120 €300 USD 300

単一料金、空港でのみ支払可能

Air Nostrumun運航便では、最大で65cm x 83cm x 56cmまでのペットキャリーケースが許可されます。

ブラジル出発便 (復路) の場合、料金はペット 1 匹あたり USD 240

詳細はこちら

機内にお連れになる場合

ケージまたは輸送ボックスとペットの合計重量が 8 kg 以下の場合は、予約オフィスの事前の承諾を得たうえで機内にお連れいただけます

ペットが以下の条件を満たす場合、予約オフィスの事前の承諾を得て機内にお連れいただけます。

  1. ケージまたは輸送ボックスを含めた重量が 8 kg を超えてな貼りません。

  2. コンテナーは、寸法が長さ 45 cm x 幅 35 cm x 高さ 25 cm 以下、3 辺の合計が 105 cm 以下のものをご使用ください。

  3. ケージまたは輸送ボックスは、頑丈で、通気性があり、防水性のある底を備え、安全である必要があります。

  4. 鳥を持ち込む場合は、頑丈で、しっかりと鍵がかかり、餌や水がこぼれないようにご注意ください。 ケージは常時覆っておく必要があります。

  5. 小型で軽い同種のペットの場合、1 つのコンテナーに複数のペットを収納することができます。

  6. 機内への持ち込みは、他のお客様に迷惑がかからないことが条件です。 ご搭乗の間、常にコンテナーまたはケージに収納し、お客様が責任を持って世話をしてください。

  7. 強いにおいのするペットなど、特殊な場合は、他のお客様や乗務員の迷惑となるため、機内に持ち込めないことがあります。

  8. 安全上の理由から、非常口のそばの通路側の座席はご使用になれません。

機内持ち込みのペットの輸送料金 (1 区間あたり)

機内持ち込みのペットの輸送料金
スペイン ヨーロッパ、アフリカ、中東 アメリカ *、アジア
€25 €50 €150

単一料金、空港でのみ支払可能

* 出発地がアメリカの場合、料金はペット 1 匹あたり USD 150 です。ただし、ブラジル出発の復路便の場合、 料金はペット 1 匹あたり USD 240 です。

詳細はこちら

法的制限および必要書類

ペットをお連れになるには、すべての法的要件を満たし、必要な書類を準備する必要があります。

ペットの犬や猫をお連れになる場合のペット パスポート。

EU 加盟国間でのペットの輸送に関する新しい規則:

国内便での移動

スペイン国内便のご搭乗には、獣医師による特別なペット パスポート等は必要ありません。ペットの公的医療カードのみをお持ちください。

スペイン内で必要となる予防接種は狂犬病のみです。自治体によって必須の場合と任意の場合があります。

EU加盟国へのご旅行 (フィンランド、マルタ、英国を除く)。

ペット動物には以下の条項が記載されるパスポートを携帯することが必要となります。

  • 明確に判断できる刺青や電子標識機器 (マイクロチップ) で個体識別されていること。

  • ワクチン接種や狂犬病ワクチンの再接種を受けていること。

3か月未満の動物の輸送に関しては、EU加盟国の関係当局による許可が必要となります。

フィンランド、マルタ、英国への輸送

その他のEU加盟国に関する規則に加え、上記の国々にペットをお連れになってのご旅行には以下の事項にご留意ください。

  • フィンランド、マルタ、英国以外の国から犬をお連れになってご旅行される場合には、目的地へ到着する直前の120時間前 (5日前) ~ 24時間前までに条虫ワクチン接種を行ったことを証明する必要があります。

  • IBERIAによる英国行き便における動物の輸送は引き続き許可されておりません。このため、IBERIAは英国行きでいかなる動物も受け付けできませんのでご了承ください。

Iberia は現時点で、イギリスへの動物の輸送を許可されていません。 そのため、イギリスを目的地とするお客様には、ペットをお連れいただくことはできません。

他国から EU 諸国への緩和された条件での入国:

一部のヨーロッパ諸国 (アンドラ、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、サン マリノ、スイス、バチカン) から EU 諸国へは、適用可能な国内法に従って入国が許可されます (フィンランド、マルタ、英国を除く)。

また、特定の狂犬病清浄国 (アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルバ、アセンション島、オーストラリア、バルバドス、バーレーン、ベラルーシ、バミューダ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、英領ヴァージン諸島、カナダ、ケイマン諸島、チリ、クロアチア、オランダ領アンティル諸島、フォークランド諸島、フィジー、仏領ポリネシア、香港、ジャマイカ、日本、マレーシア、モーリシャス、マヨット、メキシコ、モンセラト、ニュー カレドニア、ニュージーランド、ロシア連邦、セント ヘレナ、セントキッツ・ネイビス、サンピエール島およびミクロン島、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、シンガポール、台湾、トリニダード・トバゴ、アラブ首長国連邦、米国、バヌアツ、ウォリス・フツナ諸島) からヨーロッパ諸国 (フィンランド、マルタ、英国を除く) へも、適用可能な国内法の規定を満たす有効な証明書があれば入国できます。

他国から EU 諸国へのその他の条件での入国:

上記に含まれていない、狂犬病について注意が必要な国々から入国する場合、ヨーロッパ諸国 (フィンランド、マルタ、英国を除く) への入国には、適用可能な国内法の規定を満たす証明書により、ペットが、製薬会社試験所の推奨に従って 1 回あたり少なくとも 1 抗原単位 (WHO 標準) の抗体ワクチンを使用した狂犬病のワクチン接種または (該当する場合は) 追加接種を受け、かつ少なくとも予防注射の 30 日後と移動の 3 か月前に、認定獣医師が採取したサンプルで中和抗体価を確認する血液検査を行い、結果が 0.5 IU/ml 以上であったことを証明する必要があります。


詳細については以下をご覧ください。

 

www.colvema.org

http://europa.eu/youreurope/citizens/travel/carry/animal-plant/index_en.htm

詳細はこちら
例外

動物の入国が法律によって制約されている国

イギリスへの便では、ペットを機内持ち込み (PETC) または委託手荷物 (AVIH) として輸送できません (ペットは貨物としてのみ輸送が可能です。 貨物取扱業者にご相談のうえ、IAG 貨物をご予約ください。 IAG 貨物に直接ご予約いただくことはできません)。

英国に入国される際には、お客様がお連れする犬は英国環境・食糧・農村地域省(DEFRA)が定めるペットトラベルスキームの必要条件を満たす必要があります。

ブラジル: 所定の要件を満たす鳥のみ、お持ち込みいただけます。詳細情報.

アルゼンチン: ペットが病気を持たず、最大 1 年間有効な狂犬病の予防接種を受けていることを証明する、資格を持つ獣医師が発行したペットの健康診断書を担当官にご提示いただく必要があります。

パナマ: パナマ当局の命令により、2011 年 11 月 1 日現在、すべてのペットについて、狂犬病のワクチン接種済みであることを示す出発国の保健医療当局が発行する小形種の輸出許可証と、出発国のパナマ領事が発行する動物の健康証明書が必要です。 またペットの到着の 3 日前に、狂犬病のワクチン接種証明書を通知する必要があります。 詳細については、cam@minsa.gob.paをご覧ください

スペインで非シェンゲン協定国からのペットの入国審査が行われている空港

非シェンゲン協定国からスペインにペットをお連れのお客様は、到着空港が以下に示すスペイン農業食料環境省の許可空港のリストに含まれていることを確認してください。

  • コラナ

  • アリカンテ

  • アルメリア

  • バルセロナ

  • ラス パルマス デ グラン カナリア

  • マドリード・バラハス

  • マラガ

  • パルマ デ マヨルカ

  • サンタンデール

  • テネリフェ ノース

  • テネリフェ スール

  • バレンシア

  • ビゴ

Travelling to/from the USA and with a connecting flight with another airline

If you are travelling with an AVIH (Live Animal in Hold) you cannot send it to the final destination in transit. You have to pick up your AVIH from the transit airport and check it in again with the other carrier, paying a charge for each. You must send your animal as air freight so it can travel in transit.

If you are travelling with a PETC (Pet in the Cabin), you will have to pay each carrier separately.

American Airlines has its own restrictions and regulations for checking in pets. Only guide dogs and sniffer dogs used in search and rescue missions may travel in the cabin. Animals that travel in hold may not be checked-in in transit, at the final destination. If you are travelling with American Airlines and wish to travel with your pet, find out how on the airline’s website, at the bottom of this page.

Different charges, fees or taxes may apply depending on the laws in each country.

Accepting guide dogs and emotional support animals

We are happy to carry passengers' assistance dogs in the cabin.

To travel with an assistance dog, please request carriage permission at least 48 hours before your flight, through Serviberia: 901 111 500 .

For more information, please go to the the carriage of passengers with special needs section on our website.

Iberia が運行する LEVEL 行フライト IB26XX

ペットは、機内持ち込み、貨物室お預かりのどちらも含めて、受け付けできません。ただし、アメリカ合衆国出発便と到着便においてのみ、必要書類をお手続きされた場合に限り、盲導犬とセラピー犬をお連れになってご旅行いただけます。

Travelling on IB5XXX flights operated by Vueling

You may not take rodents with you in the cabin, and AVIH (animals in hold) are not accepted.

If you are travelling on an IB5000 flight (Vueling) with a connection with another flight operated by Iberia or Iberia Regional, the same charges that Iberia applies regarding origin/destination will apply. On IB5000 (Vueling) point-to-point flights or on journeys where IB5000 flights connect with another IB5000, the cost of the service changes per leg on domestic routes and per leg on flights to/from the Canary Islands or international flights.

Dogs considered dangerous breeds

According to AENA regulations, based on Law 50/1999, your dog must be muzzled to be able to pass the security check if it belongs to one of these breeds:

Pit Bull Terrier, Staffordshire Bull Terrier, American Staffordshire Terrier, Rottweiler, Argentine Dogo, Fila Brasileiro, Tosa Inu or Akita Inu.

It will also depend on its build, muscle, height and weight.

The carrier may deny boarding to any animal that does not meet the abovementioned requirements without incurring any liability.

Breeds requiring special care: brachycephalic animals

Brachycephalic animals are dogs and cats with a short, snub nose and a disproportionately broad head.

Conscious of the importance of caring for your pet, we cannot transport certain dog and cat breeds in the aircraft hold since they are more susceptible to heat stroke and breathing problems when exposed to stress or high temperatures. If your pet is one of these, you can travel with it on board but it must meet the conditions for carriage in the cabin.

The breeds affected are as follows:

  • Dogs: Affenpinscher ,Boston Terrier, Boxer (all breeds), Brussels Griffon, Bull Mastiff, Bulldog (all breeds), Cane corso, Carlino(todaslasrazas), Cavalier Spaniel, Chihuahua, ChiChin japonés, Chow Chow, Dogode Burdeos, English Toy Spaniel, Grifónde Bruselas, Japanese Chin, Japanese Spaniel, King Charles Spaniel, Lhasa-apso, Maltes, Mastiff, Mastín(todaslasrazas), Pekines, Pinscher miniature, Pit bull, Presacanary, Pug, San Bernardo, SharPei, Shich-tzu, EnglhishSpaniel miniature , Tibetan,SpanielYorkshire terrier.

  • Cats: Burmese, Exotic Shorthair, Himalayan, Persian.

You can also contact IAG Cargo to find out how to transport them as cargo: 901 111 400; from another country (+34) 917481010.

重要ポイント

  • ペットは機内にお連れになるか、委託手荷物としてお預かりします
  • ケージまたは輸送ボックスを含めた重量が 8 kg 以下の場合は、機内にお連れいただけます
  • 法律に定められたすべての書類と許可を必ずお持ちください
  • 予約オフィスの承諾をお取りください
  • 適切なケージまたは輸送ボックスにペットをご収納ください

他の運送人による運航便の規定を見る

  • British Airways
  • American Airlines
  • Finnair

お客様へのおすすめ

受託手荷物

標準の重量および寸法の制限 23 kg. と 158 cm. 取っ手、ポケットや車輪は寸法に含まれます。

詳細はこちら

特殊手荷物

ここでは、機内に持ち込みが可能な個別の手荷物についてご説明します(スキー用具、ゴルフ用具、自転車、楽器...)

詳細はこちら

超過手荷物

お荷物1個の最大重量は23Kgです。一定の超過重量料金をお払いいただくと最大で32Kgまでお預けいただけます。IB Plus についてはいくつか 例外があります。

詳細はこちら