空港のご案内

Iberia 便はすべて T4 と T4S の 2 つのターミナルで発着します。ここではこれらのターミナルの設備やサービスをご紹介します

空港のご案内

ターミナル T4 と T4S でご利用いただける Iberia 便

ここでは T4 と T4S の概要を説明し、さまざまなエリアの配置とエリア間の接続について紹介します。

2 つの独立したビル (T4 と T4S) は、エアポート サービス トンネル (AST) および全自動無人運転車両 (APM) で接続されています。T4 は現在のマドリード・バラハス空港の北端に位置します。

ご利用の便がどちらのターミナル (T4 または T4S) に発着するかに関係なく、チェックインや手荷物の受け取りなどの空港機能は、常に T4 (ターミナル ビル) で提供されます。

この空港にはまた 64 基の搭乗ブリッジがあり、ほとんどの便は搭乗ブリッジ経由で快適に乗降することができます。

T4 ターミナル (ターミナル ビル)

T4 ターミナル ビルは、3 つのブロックに分かれています

  • 1 番目のブロックはレベル 2 にあるチェックインのためのブロックです。Air Shuttle (Puente Aéreo) や Air Nostrum を含め、ターミナル エリアのすべての便へのチェックインはここで行われます。 174 のチェックイン カウンターがあり、そのうち 2 つ (766 番と 936 番) は特殊手荷物のチェックイン用です。

  • 2 番目は、同じくレベル 2 にある保安検査場のブロックです。ここにはまた、商用エリアの一部が配置されています。

  • 3 番目はレベル 1 にある "El Dique" と呼ばれるブロックです。ここは搭乗エリアへの玄関口となっています。ここから伸びる 38 本のフィンガーに国内便とシェンゲン協定国便 (*) の搭乗口が設けられており、スムーズにご搭乗いただけます。 全長は 1.14 km です。

T4 にはまた手荷物受け取り場 (レベル 0) があります。ターミナル エリアのすべての便の手荷物はここでお受け取りください。

最下層 (レベル -2) には、 ターミナル間をつなぐ全自動無人運転車両 (APM) のホームがあります

ターミナル T4S (サテライト ビル)

サテライト ビルは、EU 内非シェンゲン協定国行きの便、ワイドボディ機、および一部のシェンゲン協定国行きの便 (*) の乗降にのみ使用されます。

すべての便のチェックインは、メイン ターミナルであるターミナル ビル、つまり T4 で行うことに注意してください。

サテライト ビルは、286,984 m2 の面積を持ち、26 本のフィンガーを備えています (うち 16 本はダブル)。

国際便および EU 内非シェンゲン協定国行きの便にご搭乗のお客様は、レベル 1 にお進みください。到着階はレベル 2 です。

国内便およびシェンゲン協定国発着便のお客様は、ご搭乗、ご到着ともにレベル 0 の中央エリアをご利用いただきます。

ターミナル エリアのすべての便でお預かりした手荷物は、T4 (レベル 0) でお受け取りください。

最下層 (レベル -2) には、 ターミナル間をつなぐ全自動無人運転車両 (APM) のホームがあります

(*) 一部の例外を除き、シェンゲン協定国間を運航するすべての Iberia 便は、T4 から出発します。

* ご利用便の出発ターミナルについては、オンラインのフライト発着情報をご確認ください。

詳細はこちら

VIP ラウンジ

世界に開かれた空港が持つ極めてプライベートな空間。

Iberia の VIP ルームは、細部まで行き届いた環境と広範囲にわたるサービスをご用意し、他のお客様が気にならないプライベートなスペースをご提供します。

新たに改修された 3 つの部屋には、リラクセーション エリア、会議室、レジャー スペースが設けられています。ゆったりと快適な雰囲気の中で、工夫を凝らした高級フランス料理と厳選されたワインをお楽しみいただけます。

T4 には 1 か所の VIP ルームがあります

DALI ルーム: T4 ビルのレベル 2 にある 2 つの保安検査場 (従来の保安検査場と Air Shuttle 便用の保安検査場の両方) を過ぎた付近にあります。

ターミナルから運行されるシェンゲン協定国便と国内便のすべてのお客様にご利用いただけます。

T4S には 1 か所の VIP ルームがあります

VELÁZQUEZ ルームは、T4S ビル、レベル 1 の中央部、ショップおよびレストラン エリアの端に位置します。 このルームは、非シェンゲン協定国からの国際便で夜中にご到着のお客様が旅の疲れをいやしていただけるように、24 時間サービスをご提供しています。

ブエノス アイレス、コルドバ、リマ、メキシコ シティ、モンテビデオ、リオ デ ジャネイロ、サンティアゴ デ チレ、サン パウロ、テル アビブ、モスクワ、サンクト ペテルブルクへの Iberia 夜間便をご利用のすべての Business Plus 会員、IB Plus Gold、Platinum、Iberia Singular カード会員のお客様は、この VIP ルームのレストランで夕食をお召し上がりいただけます。*

* 他社の運航によるコードシェア便、IB7XXX および IB4XXX のお客様を除きます。

VIP ルームの詳細については、 VIP ルームを表示

詳細はこちら
スムーズに目的地に到着するために

すべての Iberia 便は、T4 または T4S ターミナルで発着します。ここではそれぞれのターミナルでご利用いただける Iberia 便についてご案内します。

画期的な案内システム

マドリード・バラハス空港の設計にあたっては、お客様が広いターミナルで道に迷うことなく目的の場所に移動できるように細部に至るまで検討が重ねられ、快適さと革新性が追求されました。その結果、お客様が感覚的に方向を把握でき、スムーズに空港内を移動できるまったく新しい案内システムが採用されています。 広く大きな窓は見通しがよく、お客様はどこからでも視覚的なガイドを確認しながら移動することができます。 そしてその窓から見えるのが、色を効果的に使用したきわめてシンプルで機能的なシステムです。

2 つのビルの柱はいずれも、北端の明るいブルーから南端の赤へと色調が徐々に変化するように塗り分けられ、北 (青) と南 (赤) という基本的な方角がひと目でわかるようになっています。 中央部は黄色です。 搭乗ゲートは、それが位置するターミナル エリアやゾーンに対応して、たとえばゲート H は赤、J は黄色、K は青というように色が決められています。

クイック サービス ポイント

マドリード・バラハス空港の T4 と T4S にある出発および到着エリアには、22 台のマルチサービス機器が設置されています。 メルチメディアを利用したこれらのクイック サービス ポイントは、以下のように設置された場所に適したサポートをお客様に提供します。

  • 搭乗エリア: 発着便の状況に関する情報を表示し、出発の遅れや乗り継ぎができなかった場合の支援を提供します。

  • 手荷物受け取りエリア: お客様のチケットの情報を読み取って、手荷物が配布されるターンテーブルを案内します。また手荷物が出発地の空港に積み残された場合は、配送を手配します。

  • また、すべてのクイック サービス ポイントでは、空港サービス、お客様の権利、最寄りの VIP ルームへの道順などに関する情報を提供しています。

Air Shuttle のお客様

Air Shuttle (Puente Aéreo) へは、以下の手順でお手続きのうえご搭乗ください。

  • 1. ターミナル 4 のレベル 2 (チェックイン) から、同じ階の Air Shuttle 専用カウンターにお越しください。

  • 2. チェックインをお済ませになり、カウンターの脇、DALI VIP ルームの隣にある保安検査場にお進みください。

  • 3. 保安検査の後、レベル 1 にある搭乗ゲートにお進みください。最寄りの Air Shuttle 用ゲートは以下のとおりです。 J50、J51、J52、J54、J56、J58、K62 and K68 (*)

Air Shuttle 時刻表:

(*) ゲート番号は変更されることがあります。 ご利用便の出発ゲートは、常に情報スクリーンでご確認ください。 一部の便が、サテライト ターミナル (T4S) から運航されることがあります。ご注意ください。

Air Nostrum のお客様

Air Nostrum へは、以下の手順でお手続きのうえご搭乗ください

  • 1. ターミナル 4 のレベル 2 (チェックイン) にあるいずれかの Iberia カウンターでチェックインをお済ませください。

  • 2. チェックインを完了した後、カウンターの前にある通常の保安検査場にお進みください。

  • 3. 保安検査の後、レベル 1 にある搭乗ゲートにお進みください。北側の最も遠いゲートは、ゲート K です (K86 ~ K93).

カスタマー サービス ポイント

Iberia カスタマー サービス ポイント

T4 には、以下のように、全部で 7 か所のポイントがあります。

  • チェックイン エリアの入口付近に 3 か所のサービスおよびセールス ポイント (レベル 2)

  • 搭乗エリア (レベル 1) の各ウィング、ゾーン H と K に 1 か所ずつ、合計 2 か所。

  • 到着ラウンジに 2 か所 (手荷物受け取り場、レベル 0)

T4S には、以下のように、全部で 3 か所のポイントがあります。

  • レベル 2 の中央部に 1 か所

  • レベル 1 の搭乗エリアの各ウィング に 1 か所ずつ、合計 2 か所

ご利用便のチェックイン

Air Shuttle を除き、マドリード空港 T4 のチェックイン エリアは、すべての便に対応して多目的に機能します。

チェックイン カウンターは 10 個のアイランドに分かれており、それぞれの側に 20 の同時チェックイン カウンターがあります。

Iberia のこの新しいチェックイン モデルでは、カウンターの係員がすべての便のお客様に対応できるため、お客様は目的地に関係なくどれでも空いているカウンターをご利用いただくことができ、特定のカウンターを探す必要がありません (Air Shuttle のお客様を除く)。

シェンゲン協定国便の専用チェックイン カウンターはありません (*)

非シェンゲン協定国便の専用チェックイン カウンターはありません (*)

中央部に位置する Iberia 専用カウンター (780 ~ 889)

ビジネス クラスのお客様

  • Iberia のビジネス クラス用カウンターは、中央部にある 780 ~ 799 番のカウンターです

エコノミー クラスのお客様

  • Iberia の一般のエコノミー クラス用カウンターは、810 ~ 889 番のカウンターです

32 台のチェックイン機でラベルを発行

810 ~ 819 番カウンターに 16 台。

850 ~ 859 番カウンターに 16 台。

766 番と 936 番カウンターには、特殊手荷物をチェックインするためのワイド コンベヤーが設置されています。

(*) シェンゲン協定国には、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイスランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデンのヨーロッパ諸国が含まれます。

ご利用便の出発ターミナルについては、オンラインのフライト 発着 情報をご確認ください。

詳細はこちら

お客様へのおすすめ

締切時刻

フライトの出発前に、チケットを受け取り、お手荷物をチェックする時間があります。

詳細はこちら

遺失物

航空機またはIberia施設にお忘れになられた物品、お客様のルートのストップオーバーで見つかった物品を探すサービス。

詳細はこちら

お手荷物:

iberiaで乳幼児のお子様との旅行を計画するための情報とおすすめ

詳細はこちら

読み込んでいます...