• Start
  • ニュースと最新情報
  • セキュリティについてのおすすめ

セキュリティについてのおすすめ

お客様の安全が第一です

インターネット上で情報を公開する前に、いくつかの注意を払うことを推奨します。情報の提供が安全な方法で行われていることを確認してください。ここに挙げるアドバイスをご覧になり、お客様のデータの安全を脅かさずに iberia.com をお使いになることを確認してください。

暗証番号あるいはパスワード

パスワードは鍵であるとお考えください。異なるアカウントやサービスに同じパスワードを使わないこと。盗まれた時に、お客様のすべてのアカウントにアクセスされます。

大文字と小文字、数字と記号(使用できる場合)を組み合わせた設定の「強化」パスワード(推測されにくい)を使うようにすること。パスワードが長いほど、安全性が高くなります。

個人情報、辞書の文字や連続する数字の使用は避けましょう。

フィッシング詐欺

Iberia が電子メールを送付してお客様に個人情報やパスワードを問い合わせることは決してございません。

「フィッシング詐欺」とは、インターネットを通じて頻繁に行われる詐欺で、オンラインで支払いや購入等ができる銀行、金融機関や企業などの有名会社の名前を装って電子メールを送付します。このメールは偽装した会社名でキャンペーンや特典を騙ることによって、個人情報の盗難、現金の引き出しなどの犯罪行為を企むものです。なかには、見慣れたようなサイトへユーザーを誘い込むリンクがある場合もあり、実際には本物のサイトの偽コピーで、ここから個人情報の入力を促します。その目的は、ユーザーの秘密情報(アクセスパスワードやクレジットカード情報など)を手に入れることにあり、ユーザーが偽装ウェブサイトにデータを入力すると、その情報はファイルやデータベースに保存され、のちに攻撃者によって正規のウェブサイトで使われてしまうことになります。

このような詐欺を防ぐために、次にご注意ください。

  • 情報元を確かめること。個人情報やカード情報を尋ねる電子メールには、決してすぐに回答しないこと。

  • 電子メールに添付されるハイパーリンクやリンクをクリックしないこと。知らないうちに偽装ウェブサイトに誘導されてしまうことがあります。お使いのブラウザのアドレスバーにサイトのURLアドレスを入力するか、素早くアクセスするためにはブックマークやお気に入りに登録しておきます。

  • 閲覧しているウェブページが安全なアドレスであるかを確かめること。このために、安全なアドレスは https:// から始まり、ブラウザのアドレスバーに鍵マークが表示されていることを確認してください。

  • 大手のサービスプロバイダーは、送り先の特定なしで「お客様各位」向けにお知らせを送付することはまずないことにご注意ください(通常の場合、ご本人様宛てとわかることを表示します)。お知らせに確認できない無意味な参照番号が含まれている場合でも、騙されないようにご注意ください。

  • マウスポインタをリンクに合わせてリンク先を確かめるなど、基本的な用心を怠らないことにもご留意ください。

覚えのない予約に関する怪しいと思われる連絡が送信された場合や購入時に Iberia から提供された予約番号とは異なる番号が含まれる場合、およびそのほかの不振なメッセージが届いた時は、このメールを削除し、またご希望の際には、お近くの Iberia Plus お客様お問い合わせセンターにご連絡いただき、疑問やお問い合わせをご相談ください。

このような電子メールを受け取られて、偽サイトに個人認証情報を入力してしまった場合には、Iberia.com より速やかに Iberia アカウントへのアクセスパスワードを変更し、またこ同じパスワードで利用されているそのほかのすべてのサービスのパスワードを変更なさることもおすすめします。同様に、別々のサービスにおいて同じパスワードをご使用なさらないことを強くおすすめします。

ショッピング

ウェブページの URL アドレスをご確認ください。正規のウェブサイトを精巧に真似た偽装ウェブサイトが存在します。細かく注意を払ってご確認ください!

オンライン上でのお支払いの場合には、暗号化された接続ページのみ(https: // …)でご利用ください。個人情報やお支払い情報を入力する際には、緑の鍵マークが表示されていることをご確認ください。

各種のオンライン決済はすべて、暗号化されたページでのみ行ってください。暗号化の証明書発行元のなかには、ウェブサイトが正規であるかをチェックするところもあります。アドバイスとしては、ウェブサイトのアドレスバーに http の代わりに https を追加する、そして鍵マークが「緑色」で表示されていることを確認するなどが挙げられます。

iberia.com では、お客様に何らかのデータを入力していただく場合は常に、https のページに移動します。

コンピューターのセキュリティ保護

ウイルス対策プログラムがインストールされていること、そして最新の状態に更新されていることを確認してください。このプログラムがウイルス対策だけではなく、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)に対しても保護する機能があることが理想的です。近頃では、標準設定でこのどちらの対策も揃ったウイルスソフトが多くなってきていますが、プログラムをお選びになる際にはすべての対策機能を備えていることを是非ご確認ください。

オペレーティングシステム(OS)のソフトを最新の状態に更新しておくようにしましょう。更新には、最新のセキュリティ脅威に対する保護が含まれています。

お使いのコンピューターをパスワードで保護し、パスワードを安全に保管しましょう。

これに加えて、お使いのコンピューターにパーソナルファイアーウォールをインストールしておくこともおすすめです。

詐欺

本当にしてはうますぎるような話は、ほとんどの場合詐欺の可能性があります。

詐欺には、ソーシャルメディアや電子メールまたは電話によるものなど幾通りもの手口があります。

特典やサービスまたは当選などのお知らせ、特に何らかの支払いや個人情報の提供を求められる場合は疑いましょう。

こういった特典は限られた時間内でのみ有効であったり、あるいはその瞬間だけであったりすることが多く、即座の決定を迫られます。

Wi-Fi ホットスポット(公衆無線 LAN サービス)

公共の場所で無線 LAN にアクセスできるサービスは大変便利ですが、多くの場合危険が伴います。

公衆無線 LAN のほとんどは、Wi-Fi 無線を通して送信する情報を暗号化しないため、第三者に傍受される危険性があります。

安全でないと思われる場所では、個人セッションを開始することは避けてください。通信場所が完全な暗号化を採用していることを確認しましょう。常に鍵マークがついた通信サービスに接続してください。

接続が終了した際には、必ず Wi-Fi 通信のセッションを閉じることを忘れないようにしましょう。

携帯端末

携帯端末は基本的にコンピューターの小型版です。

「マルウェア」(悪意のあるソフトウェア)から保護するウイルス対策ソフトをインストールしましょう

お使いの携帯をパスワード、または暗証番号で保護しましょう。

アプリを最新の状態に更新しておきます

お使いの携帯が盗まれてしまったときでも IMEI 番号がわかる場合には、コンピューターから機能停止ができます。IMEI 番号を確認し、もしもの時に使えるように保存しましょう。

IMEI 番号は15から17桁の数字で構成され、GSM 方式あるいは UMTS 方式のすべての携帯端末1台ずつに一意に付与された識別番号で、端末に付随してずっと変わることのない番号です。用途の1つとして、盗難の際に携帯端末を機能停止し利用できなくすることができます。このためには、警察に提出する盗難届に携帯端末の IMEI を記載するだけで、電話会社が機能停止の処理を行います。

この識別番号は通常の場合、携帯機器の電池パックを外した下にあるシールに記載されていますが、その携帯から *#06# と入力しても確認することができます。

プライベートと身元

個人情報を現金と同じように扱いましょう。

誰にでも構わず個人情報を提供しないこと。その前に、情報を入力しようとするウェブページの利用規約をよく読み、その情報の利用目的と情報を取り扱う者を明確に理解するようにしてください。

お客様の情報は、暗号化され(サイトのアドレスの先頭で「https」を探します)、信頼できるウェブサイトを通してのみ提供するようにしましょう。

読み込んでいます...